ナツメグで刑事がきた

687 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/03/21(水) 03:14:07.84
送迎会シーズンでかき入れ時のイタ飯屋のコックです。
年をまたいで知人のメシマズ嫁について相談を受けていましたが、
先日彼から改善し始めたとの知らせを受けたので、類例の旦那様方の一助になればと思い書き込みます。

知人の嫁はガーデニングが好きでハーブを育てており、
特に、「ここまで育てるのに苦労した」というローズマリーとタイムの大きな株に
海外へ行く度(元ANA勤務)毎回買い込んだという大量のハーブ&スパイスセットが自慢だという
ハーブ&スパイスをふんだんに使った料理を得意(?)とするアレンジャー系メシマズ。
聞くところによると、乾燥・生問わず大量に多用する方でした。

例えば、ローズマリーを「枝ごと」「大量に」練り込んだハンバーグや
バジルの代わりにタイムとニンニクと生米(松の実の代わりにごまを使おうとしたがなかったので代用したそうで)を
大量のオイルと一緒にミキサーにかけたジェノベーゼもどき、
五香粉(漢方にもなる中華のミックススパイス)・香醋(中国の黒酢)が臭うほど効いた豚の角煮などなど。

昨年秋、彼の誕生日に本場仕込みと彼女が腕によりをかけて作ったビーフストロガノフは、
例によってタマネギと同じくらいのタイムの枝、残り少なかったと言うパプリカ(赤ピーマンの粉末)の代わりに
色のよく似たカイエンペッパー(またの名をチリペッパー、要は唐辛子)を一瓶丸々、
仕上げに使うサワークリームの代わりにマーガリンを油の層が出来る程度にたっぷりと使った一品だったそうです。
「一皿だけだし記念日に気分を悪くさせるのも」と何とか完食し、残りは誤って鍋をひっくり返すことで処分したそうですが、
その翌朝から二日ほど激痛と下痢を起こし「命の危険を感じた」そうでメシマズ矯正の相談を受けました。


スポンサーサイト



theme : うちのごはん
genre : 結婚・家庭生活

tags: 病院送り・入院

お知らせ
編集方針など
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Lc.ツリーカテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSリンクの表示
ユーザータグのリスト表示
最近の記事
月別アーカイブ